ローンの返済に行き詰まり家を売却した経験談

130409

マイホームローンの返済に行き詰まり、家を売って借金を整理しました。
ローンの返済に行き詰ったきっかけは私の病気でした。病気のために会社を辞めたために返済ができなくなったのです。当初は妻のパート代から何とか返済を続けていたのですが、それを続けるのは不可能でした。子どもの教育費など将来のためにお金を貯めておく必要もあったので、せっかく購入したマイホームでしたが手放すことに決めました。まだマイホーム購入から三年しかたっていなかったので、ローンの大部分が残っていました。ただ、頭金を多めに用意してからのマイホーム購入だったので、家を売ればローンの返済は可能で、売値次第では手元にお金が残る可能性もありました。不動産屋や銀行などに相談した結果、不動産屋に買い取ってもらうことにしました。不動産屋に仲介してもらって買い手を探した方が売値は上がるのですが、それではいつ買い手が見つかるかわからず、買い手や状況次第では売値が安くつく可能性もあったので、安全性の高い方法をとることにしました。希望に近い値段で家を処分することができたので、ローンを返済しても手元に百万円単位のお金を残すことができました。マイホームの売却を決意したときには、胸が張り裂けるような悲しみを覚えたのですが、処分が完了し将来のための貯金もできた今では、家を売って正解だったと思っています。決断がもう少し遅かったら本当に取り返しのつかない状況に陥っていたかもしれないと考えると、あのとき決断した自分と妻をほめたいです。参考→任意整理110